Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアへ注意 - JPCERT/CC

JPCERT/CCは、キーボードから入力したデータを不正に取得し、外部へ転送する「スパイウェア」について注意を喚起している。

これらソフトは、「スパイウェア」や、「キーロガー」「ペストウェア」などと呼ばれ、ウイルス経由でインストールされることが多い。JPCERT/CCでは、日々新しいプログラムに置き換わっている可能性があるため、一般的なウィルス検知ソフトで検知するのは極めて困難としている。

JPCERT/CCでは、ウイルスなどの感染が確認された場合は、バックアップを取った上で、ハードディスクを初期化するよう、強く推奨している。

(Security NEXT - 2004/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も