Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら

北海道地震の影響で石狩データセンターにて自家発電を行っていたさくらインターネットは、電力供給が回復したとして、自家発電を停止した。

同社では、9月8日に北海道電力による電力供給が回復したことを受けて電力源を切り替え、同日14時過ぎに自家発電を停止した。

一方道内全体で電力不足の状況は続いており、広く節電が呼びかけられているが、同社は不測の事態に備え、自家発電設備の再稼働を視野にいれた体制を継続すると説明。輪番停電に対しても協力する姿勢を示している。

また同社では、これまで自家発電用の燃料調達を進めてきたが、9月8日に給油を完了している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
職員が別人のIDカードで原発建屋内に - 東電柏崎刈羽原発
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社