Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ

2018年第2四半期は、サイバー攻撃の検知数が前四半期から2割増加した。モバイルマルウェアに関しては3割増となっている。

Kaspersky Labが、2018年第2四半期に同社製品で検知した脅威について、利用者の同意のもとクラウド基盤で収集。動向を取りまとめたもの。

同四半期に検知した攻撃は9億6295万件。前四半期の7億9681件から20.9%増加した。悪意あるURLに関しても前四半期の2億8281万件から3億5191万件へと拡大し、前期比24.4%増となっている。

端末上における不正送金マルウェアの検知件数は21万5762件。前四半期の20万4448件を上回った。悪意あるオブジェクトや不審なオブジェクトの検知件数は1億9205万件で、前四半期の1億8760万件から微増となっている。

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート