Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も

従来「不正送金マルウェア」や「バンキングトロジャン」と呼ばれてきたマルウェアが進化を重ねている。

20180705_tm_002.jpg
「Panda Banker」が情報を詐取するために表示した画面

もともとオンラインバンキングを標的とするトロイの木馬であるため、こうした名称で呼ばれてはいるが、オンラインバンキングからクレジットカード情報やアカウント情報に興味がシフトしている攻撃者も一部いるようだ。

これまでもオンラインバンキングを狙うマルウェア「Dreambot」など、クレジットカードや仮想通貨取引所などへ攻撃対象を拡大するケースが報告されているが、「Panda Banker」では、銀行をまったくターゲットとせず、クレジットカードやアカウント情報などを狙うケースが確認された。

「Panda Banker」は、「マンインザブラウザ(MITB)」によりウェブページを挿入することで情報を詐取するマルウェア。2016年前半に攻撃が確認された。「Zeus」のコードを含み、「Zeus Panda」「PandaBot」などとも呼ばれている。

もともと海外を中心に悪用されてきたが、日本国内を標的とした攻撃も3月ごろより確認されている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える