Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用

「Winny」をはじめとするファイル共有ソフトは依然として利用されており、2018年のゴールデンウィークには、約9万人が利用したと見られている。

ネットエージェントが、4月26日から5月8日にかけて、ファイル共有ソフト「Winny「Share」「Perfect Dark」におけるノード数を調査し、結果を取りまとめたもの。

これらファイル共有ソフトの利用者をあわせると、依然として9万人前後が定期的に利用していると見られている。

もっとも多くノード数が確認されたのが「Winny」。調査期間中、毎日4万件超のノードを観測した。「Perfect Dark」は3万件前後、「Share」が1万件前後で推移している。

20180621_na_001.jpg
ゴールデンウィークにおけるノード数の推移(グラフ:ネットエージェント)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
MSストア版「iCloud」に複数脆弱性 - アップデートが公開
「Citrix ShareFile」で暗号化状態の確認を - 脆弱性緩和ツールで無効化される問題が判明
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Pulse Connect Secure」に未修正の脆弱性 - 更新準備中、回避策実施を
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬