Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用

「Winny」をはじめとするファイル共有ソフトは依然として利用されており、2018年のゴールデンウィークには、約9万人が利用したと見られている。

ネットエージェントが、4月26日から5月8日にかけて、ファイル共有ソフト「Winny「Share」「Perfect Dark」におけるノード数を調査し、結果を取りまとめたもの。

これらファイル共有ソフトの利用者をあわせると、依然として9万人前後が定期的に利用していると見られている。

もっとも多くノード数が確認されたのが「Winny」。調査期間中、毎日4万件超のノードを観測した。「Perfect Dark」は3万件前後、「Share」が1万件前後で推移している。

20180621_na_001.jpg
ゴールデンウィークにおけるノード数の推移(グラフ:ネットエージェント)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛
米政府、脆弱性2件に注意喚起 - 悪用確認済み、早急に対応を
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
「Zimbra」の複数脆弱性が攻撃の標的に - 攻撃ツールの販売も
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
2割から3割が無許可のクラウドサービスを利用
フィッシング、人事装うメールが高クリック率 - IT部門が低いとは限らず
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明