Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市

横浜市は、マイナンバー通知カードの再交付申請に対応した職員が、業務で知った個人情報を私的に利用したとして、同職員に対し懲戒処分を実施した。

同市によれば、マイナンバー通知カードの再交付申請に訪れた住民に対応した金沢区の戸籍課の職員が、勤務時間終了後に申請書に記載された連絡先に自身の携帯電話から連絡し、さらにショートメッセージを送信していたという。

同市ではこの問題を受け、同職員に対し4月19日付けで減給3カ月とする懲戒処分を行った。また、管理監督者である課長級職員、係長級職員に処分を実施した。

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当