Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテック製ルータ11機種、「Mirai」感染のおそれ - 最新ファームウェアか確認を

一部ロジテック製ルータにおいて、ファームウェアの旧版に脆弱性が存在し、インターネット経由で攻撃を受けてボットプログラム「Mirai」へ感染するおそれがあることから、同社はあらためて利用者にアップデートを呼びかけた。

同社11製品において、既知の脆弱性が悪用され、DDoS攻撃などに悪用されている「Mirai」へ感染するおそれがあるとして、注意喚起を行ったもの。脆弱性が存在する旧版のファームウェアを利用していると、インターネット経由で「UPnP」にアクセスでき、脆弱性を突かれるおそれがある。

同社では、2013年6月以降、脆弱性を修正したファームウェアを提供しており、対象製品の利用者に対し、最新版のファームウェアを利用しているか確認し、必要に応じてアップデートを実施するようアナウンスを実施した。

JPCERTコーディネーションセンターや情報通信研究機構(NICT)では、同問題に起因すると見られる「Mirai」への感染をすでに国内において観測しており、注意を呼びかけている

旧版のファームウェアにおいて、今回の脆弱性が影響を受ける製品は以下のとおり。

LAN-WH300N/DR
LAN-W300N/DR
LAN-WH300N/DRCV
LAN-WH300N/DRCY
LAN-W300N/R
LAN-W300N/RU2
LAN-W300N/RS
LAN-W300N/P
LAN-W300N3L
LAN-WH300N/DGR
LAN-WH300N/DGRU

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施