Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響

Piriformのシステムメインテナンス用ソフトウェア「CCleaner」が、何者かによって侵害を受け、バックドアを設置されていたことがわかった。

20170919_pi_001.jpg
Avast傘下のPiriform

8月中旬以降にリリースされたWindows向けの「CCleaner 5.33.6162」や「CCleaner Cloud 1.07.3191」の32ビット版が、バックドアのコンポーネントを読み込むよう改変されていたことが判明したもの。

同社の親会社であるAvast Softwareが、9月12日にMorphisecより侵害に関する指摘を受け、問題へ気が付いたという。他プラットフォームは影響を受けないとしている。

同ソフトウェア内にバックドアが設置され、米国内のサーバへ「IPアドレス」「コンピュータ名」「インストールされたソフトウェアのリスト」「アクティブなソフトウェア」「ネットワークアダプタ」などの情報を不正に送信するようになっていた。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用