Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ

ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、スマートデバイス上にデータを残さない音声レコーディングアプリ「KAITO セキュアレコーダ on Cloud」を提供開始した。

同ソリューションは、スマートフォンやタブレット向けの音声録音アプリ。音声データを暗号化して非同期で自動的に「Microsoft Azure」へ転送し、転送後に録音データはデバイス上から自動的に削除される。

従来版では、オンプレミスへの対応のみだったが、あらたに「Microsoft Azure」への保存に対応した。スマートデバイス向けアプリは、iOSおよびAndroidに対応している。

100ユーザーより利用することが可能で月額利用料は10万円から。別途初期導入費用が必要。

(Security NEXT - 2017/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク