Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査

2016年に入り、ランサムウェアの検出数や被害が増加しているが、一方で「ランサムウェア」の認知度は3割に満たないとする調査結果をマカフィーが取りまとめた。

同社が10月に「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施したもの。同調査は、2015年10月から2016年10月までの1年間に発生したセキュリティに関するトピック30件を同社がピックアップ、認知状況を尋ねた。国内に在住し、企業に務める22歳以上の男女1552人が回答している。

セキュリティベンダーにおいて、検出数や被害の増加が伝えられており、同社においても2015年7月から2016年6月までの1年間で128%の増加を記録したランサムウェアだが、同調査における認知度は28%にとどまった。

ランサムウェア以外について、今回同社がピックアップしたトピックを見ると、社会的な問題として広く報道されている話題から、個別の事件や海外のインシデントまで幅広く、これらを単純に比較することは難しいが、上位を見てみると同調査でもっとも認知度が高かったとされる「振り込め詐欺」に関しても51.7%と5割強に過ぎなかったという。これは前年調査における56.8%を下回る結果だった。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社