Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査

次いで多かったアカウント情報を窃取するフィッシングに関しても、他問題より比較的認知度が高いものの、36.9%と4割に届いていない。振り込め詐欺と同じく、前回調査の42.1%を下回っている。

ちなみにこれら上位について、異なる傾向を示した調査結果もある。埼玉県警が2013年9月から翌年1月にかけて高齢者を中心に実施した「振り込め詐欺意識調査」では、振り込め詐欺を「知っている」との回答が97.6%に達している。

またフィッシングの認知度についても、2013年の総務省による「ICT基盤・サービスの高度化に伴う新たな課題に関する調査研究」では80.4%、情報処理推進機構(IPA)が実施した「2015年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」では、87.6%がフィッシング詐欺を認知していると回答している。

さらに今回の調査でピックアップした30のトピックについて、回答者の19.8%と2割近くがいずれも知らないと回答した。同社が調査した30項目および認知度は次のとおり。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に