Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト