Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
投資主や名刺などの個人情報が流出した可能性 - ユナイテッド・アーバン投資法人
資産運用会社にサイバー攻撃、サーバが暗号化 - ユナイテッド・アーバン投資法人
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応