Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、安全なウェブサイト構築に便利な資料の第7版 - 失敗例のソースコードも

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトで無償配布している「安全なウェブサイトの作り方」の改訂を行い、「同第7版」を公開した。同資料は同機構のサイトからPDFファイルで無料でダウンロードできる。

20150313_ip_001.jpg
安全なウェブサイトの作り方(IPA)

同資料は、ウェブサイトの開発や運営者向けに脆弱性対策などを解説したもので、2006年1月に初版を発行し、版を重ねている。英語版やSQLコマンドについて解説した別冊なども提供しており、別冊「ウェブ健康診断仕様」では、危険度の高い脆弱性など13の診断項目について脆弱性が存在するか判定するための基準などを紹介している。

第7版では、ウェブに関する11種類の脆弱性に関して、脅威や注意が必要なウェブサイトの特徴を説明し、根本的な対策や緩和策などを読むことができる。さらに8種類の「失敗例」を用意し、ウェブアプリケーションに脆弱性を作り込んでしまった際のソースコードや修正例を示した。

またウェブサイトの安全性を向上させるための対策として、運用やパスワードの取り扱いなどを紹介。巻末に、セキュリティ状況を確認するためのチェックリストも用意している。

(Security NEXT - 2015/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大