Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図研ネットウエイブ、米AlgoSec製FWマネジメントツールを取扱開始

図研ネットウエイブは、米AlgoSecが開発するファイアウォールマネジメントツールの取り扱いを開始した。

同製品は、セキュリティゲートウェイのセキュリティポリシーを解析し、適切なポリシーを生成、運用できるマネジメントスイート。ナレッジベースや実際のルール稼働状況から解析し、ポリシーを作成した上で自動で適用できる。

同スイートは、アプリケーションのセキュリティポリシーを管理する「AlgoSec BusinessFlow」や、ポリシー変更管理を自動化する「AlgoSec FireFlow 」、ネットワークにおけるセキュリティポリシーを分析「AlgoSec Firewall Analyze 」で構成。

複数のベンダーが提供するセキュリティゲートウェイに対応しており、複雑化するポリシー管理の負荷を軽減できる。提供形態はソフトウェア、仮想版を用意しており、ライセンスでの販売となる。

(Security NEXT - 2014/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト