Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働力調査関連書類を郵便局が配送中に紛失 - 埼玉県

埼玉県は、個人情報が記載された労働力調査関連書類が郵送中に所在不明になったことを明らかにした。

同県によると、委託業者が8月8日、労働調査の調査票などを調査員にゆうパックで発送したが、10日に岩槻郵便局の配達員が配送中に紛失したという。

紛失したのは、総務省が実施している労働調査の調査票など。さいたま市岩槻区在住の調査対象世帯の世帯主氏名、および15歳以上の世帯員の氏名、性別、生年月、就業状況など、29人分の個人情報が記載されていた。

同県では、対象世帯に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市