Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの法人向けセキュリティ製品、デスクトップ仮想化製品に正式対応

キヤノンITソリューションズは、法人向け製品「ESET Endpoint Protection」シリーズにおいて、デスクトップ仮想化2製品の正式サポートを開始した。

法人向け総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」と、ウイルス、スパイウェア対策に特化した「ESET Endpoint Protection Standard」において、デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon View 5.2」と「Citrix XenDesktop 5.5」はこれまで個別にサポート対応をしていたが、今回正式サポートを開始した。

なお、ESET Endpoint Protectionシリーズは、総合セキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Security」とウイルス対策ソフト「ESET Endpoint アンチウイルス」の後継製品にあたり、旧製品のWindows、Mac、Linuxにくわえ、あらたにAndroidにも対応している。

(Security NEXT - 2013/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ