Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテック製ルータへの脆弱性攻撃が発生 - ネット経由でアカウント情報奪われるおそれ

ロジテックが販売するルータ3製品に脆弱性が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターでは攻撃発生を受け、被害が発生している可能性もあるとして注意喚起を行った。

深刻な脆弱性が見つかったのは、「LAN-W300N/R」「LAN-W300N/RS」「LAN-W300N/RU2」の一部製品。ロジテックでは、5月16日に脆弱性を公表。対応するアップデートを公開している。インターネット経由で攻撃が可能で、脆弱性が悪用されるとISPへ接続する際のPPPoEアカウントやパスワードを取得されるおそれがある。

JPCERT/CCでは、5月25日に今回の脆弱性情報をアップデートし、脆弱性攻撃が発生していることを公表。すでに被害が発生している可能性があるとして対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ