Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホ不具合など重大事故多発でNTTドコモに行政指導

総務省は、NTTドコモの携帯電話サービスにおいて重大な事故が多発しているとして、行政指導を行い、再発防止策の実施や、今後の取り組みについて報告を求めた。

同社において2011年4月以降、重大事故4件が発生しており、1月25日にも通信障害が発生したことを受け、処分を行ったもの。

4件のうち3件がスマートフォン関連の事故であったことから、同省では、利用者急増する一方で信頼性向上など対策が適切に講じられていなかったと指摘。

なかでも12月の事故は、メールアドレス6619件や通信内容2017件の漏洩が発生。電気通信事業法や個人情報保護法の違反があったとし、同省では同社に対して、再発防止策の実施や実施結果や今後の取り組みについて、3月30日までに報告するよう指導した。

具体的には、利用者や通信量の増加へ対応するための設備整備や、故障への対策、輻輳の防止、通信の秘密や個人情報の保護、適切な利用者への対応など求めている。

(Security NEXT - 2012/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
業務用の携帯電話を移動中に紛失 - 在宅医療コンサル会社
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信