Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都

東京都は、TOKYOスマホサポーターの一部個人情報が流出したことを明らかにした。

都によれば、一部スマホサポーターに関する個人情報をスマホサポーター間で閲覧できる状態となっていたもの。

博報堂プロダクツへ業務委託している高齢者向けスマートフォン体験会、同相談会において、再委託先であるセレブリックスがアシスタントやアドバイザーとしてスマホサポーターを採用しているが、勤務調整に用いるフォームに設定ミスがあったという。

本来フォームを設置したセレブリックスの担当者にのみ閲覧権限を付与すべきところ、フォームに登録されたすべてのスマホサポーターに閲覧権限を付与したため、5月24日21時前から6月12日15時ごろにかけて、登録された75人分の氏名と60人分の最寄駅が互いに閲覧可能だったという。

6月12日にスマホサポーターからセレブリックスに指摘があり、閲覧できないよう設定を変更。都に対して翌13日にスマホサポーター制度の運営事務局から報告があり、問題が判明した。

今回の問題を受け、対象となるスマホサポーターに電話で連絡し、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市