Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売

ネットワールドは、生産ラインの制御システムなどインターネットへ接続していないクローズドネットワーク向けに、セキュリティパッケージ「セキュア工場パック」の提供を開始した。

「セキュア工場パック」導入イメージ
「セキュア工場パック」導入イメージ(図:ネットワールド)

同パッケージは、韓ハンドリームネットのセキュリティスイッチ「SGシリーズ」とトレンドマイクロのUSBメモリ型セキュリティ対策ソフト「Trend Micro Portable Security」を組み合わせたセキュリティソリューション。

セキュリティスイッチにより、不正トラフィックを検知して感染端末をネットワークから遮断することが可能で、さらにUSBメモリ型ツールを利用し、ウイルスを駆除できる。

同社では、既存のネットワーク構成を変更する必要がないため、従来の検疫ネットワークなどに比べ導入しやすく、コストも抑えられるとしている。

同社では、同社や販売パートナーを通じて製品を提供し、今後1年間に200社の導入を目標に販売を展開していく。トライアル導入のための貸し出しについても実施する。

(Security NEXT - 2011/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定