Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

露APT28のマルウェア「GooseEgg」が見つかる - 2019年4月よりゼロデイ攻撃を展開か

マイクロソフトは、ロシアの他攻撃グループが別名「PrintNightmare」として知られる「CVE-2021-34527」や、「CVE-2021-1675」を標的としてきたのに対し、「CVE-2022-38028」を標的とする点で「GooseEgg」はユニークであると指摘。

同社では、標的となった組織や侵害された顧客に直接通知し、情報を提供したほか、「GooseEgg」に関する「IoC(Indicators of Compromise)」を広く公開し、対策などを呼びかけている。

「CVE-2022-38028」については、2022年10月の月例セキュリティ更新でアップデートを提供しているが、「Microsoft Defender」などにおいても検知できるよう対策を講じた。

「CVE-2022-38028」とあわせて、「CVE-2021-34527」「CVE-2021-1675」などの脆弱性についてもパッチを適用するよう対策を呼びかけている。

あわせて「Windows印刷スプーラーサービス」を必要としないドメインコントローラでは、サービスそのものを無効化することを推奨。資格情報の保護対策なども講じるよう求めた。

また「CVE-2022-38028」が悪用されているとの報告を受け、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、現地時間4月23日に「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ同脆弱性を追加。米行政機関に対して対策を要請するとともに、広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市