Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、10月の月例セキュリティ修正を公開 - ゼロデイ含む脆弱性84件に対応

マイクロソフトは、10月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。すでに悪用されている脆弱性1件を含む84件の脆弱性に対応している。

今回のアップデートでは、「Windows」「Office」をはじめ、「SharePoint」「Active Directory」「リモートアクセスサービスPoint-to-Pointトンネリングプロトコル」「Hyper-V」「Azure」「Visual Studio Code」など多岐にわたる脆弱性を解消した。

CVEベースで84件の脆弱性に対応しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が13件、次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性が71件となっている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、64件が「7.0」以上と評価されている。「9.0」以上とされる脆弱性は、「Azure Arc Connect」に明らかとなった権限昇格の脆弱性「CVE-2022-37968」の1件のみだが、最高値の「10」とされている。

脆弱性によって影響は異なるが、20件についてはリモートよりコードを実行される可能性があり、39件は権限昇格のおそれがある。さらに情報漏洩の脆弱性11件、サービス拒否8件、なりすまし4件、セキュリティ機能のバイパス2件に対処した。

(Security NEXT - 2022/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正