Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks

Palo Alto Networksは、同社ファイアウォール製品がOSとして搭載している「PAN-OS」において複数の脆弱性を修正したことを明らかにした。

現地時間4月10日にアドバイザリを公開し、7件の脆弱性について明らかにしたもの。いずれも悪用は確認されていない。このうち4件については重要度を上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

具体的に見ると、「Cloud Identity Engine(CIE)エージェント」より受診したデータの処理に問題があり、ユーザーIDグループが変更できる「CVE-2024-3383」が明らかとなった。共通脆弱性評価システム「CVSSv4.0」のベーススコアは「8.3」と評価されている。

のこる3件「CVE-2024-3382」「CVE-2024-3384」「CVE-2024-3385」については、いずれもファイアウォールがサービス拒否に陥る脆弱性。いずれもCVSS基本値は「8.2」と評価されている。

「CVE-2024-3384」「CVE-2024-3385」では、脆弱性を悪用することでハードウェアをリモートより再起動させ、繰り返し攻撃することでメンテナンスモードに移行させることができるという。

(Security NEXT - 2024/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ