Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応

埼玉県内の自治体や組織より検診業務などを請け負っている埼玉県健康づくり事業団は、X線画像読影システムがランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。データの消失はなかったが、システムを利用できず、紙の結果票による対応へ切り替えている。

同法人によれば、X線画像読影システムがサイバー攻撃を受けたもの。1月29日に読影を行う医師がリモートよりログインしようとしたところ、ログインできなかったため、調査を行ったところ、ランサムウェアの被害に遭ったことが判明した。システムの内部には英文による脅迫文が残されていたという。

同法人では、埼玉県内の42自治体をはじめ、県内の企業、団体などより集団検診などの業務を請け負っている。胃がんや肺がん、乳がん検診などをはじめとするX線撮影画像の読影については年間約40万件に対応している。

ランサムウェアによる被害の判明を受けて同法人ではネットワークを遮断。情報漏洩の有無も含め、影響の範囲について調査を進めている。X線画像や超音波画像、関連する氏名、年齢、生年月日、性別、検査日、ID、撮影番号のほか、モアレ検査画像、関連する学校名、撮影番号などが流出した可能性がある。

X線画像読影システムが復旧する見通しは立っていない。システム内部に保存されていたデータの多くは診断報告書の作成を終えており、撮影データそのものも検診車などに残っているため、これから診断を行う場合も再撮影などは生じないという。

(Security NEXT - 2024/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開