Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正

マイクロソフトは、現地時間1月5日に同社ブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。

現地時間1月3日に「Chromium 120.0.6099.200」「Chromium 120.0.6099.199」がリリースされたことを受け、これらバージョンをベースとした「Microsoft Edge 120.0.2210.121」をリリースしたもの。

「Chromium」にて修正された「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-0222」「CVE-2024-0224」「CVE-2024-0225」や、ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2024-0223」を解消している。

いずれも重要度は、4段階において上から2番目とされる「高(High)」とレーティングされている。先に公開された「Chrome」と同様の修正となり、「Microsoft Edge」独自の修正はなかった。

(Security NEXT - 2024/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Chrome」のアップデート、セキュリティ関連の修正が1件
Electronアプリの脆弱性、開発チームが反論 - RCEではなく「クリティカル」は誤り
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する3件の修正を実施
「Chromium」の脆弱性狙う攻撃に注意 - 米当局が注意喚起
「Chrome」にアップデート - 4件のセキュリティ修正
Google、複数の脆弱性を解消した「Chrome 121」をリリース
悪用が確認された脆弱性3件について注意呼びかけ - 米当局
ブラウザ「Chrome」にアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Google、「Chrome」のアップデートを公開 - 脆弱性を修正