Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Proself」に対するゼロデイ攻撃で情報流出被害 - 国立環境研究所

国立環境研究所は、同法人で利用していたオンラインストレージ「Proself」がゼロデイ攻撃を受け、同ツールでやり取りされた一部データが外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同法人によれば、9月15日から同月22日にかけて、当時開発元であるノースグリッドにおいても把握しておらず、修正パッチや回避策なども用意されていなかった「Proself」の脆弱性「CVE-2023-45727」を突く不正アクセスを受けたという。

10月5日にベンダーより脆弱性に対するゼロデイ攻撃が発生しているとの情報提供があり調査を行ったところ、不正アクセスを受けた痕跡を確認。同日同製品の利用を停止した。

攻撃を通じてアカウントの一覧やパスワードのハッシュ値を窃取され、それら情報を用いてサーバ内に保存されていた一部データに対して不正アクセスが行われたことも10月10日に判明している。

同法人職員の健診受診者や各種委員会などの名簿、同法人サイトからデータダウンロードサービスを利用する際に登録されたメールアドレスなどが窃取されたことがわかっている。

(Security NEXT - 2023/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 6.4.2」が公開に - 脆弱性の修正を実施
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自の脆弱性修正も
次年度開催に向けて「SecHack365」がオンライン説明会
「Qlik Sense Enterprise」の脆弱性が標的に - ランサム攻撃でも
小中学校3校で一部指導要録が所在不明 - 小金井市
1世帯あたり5万円? 給付金の手続き案内に見せかけたフィッシング攻撃
Google、ブラウザ最新版「Chrome 120」を公開 - 脆弱性を解消
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
市サイトに農地所有者の個人情報を誤掲載 - みどり市
患者情報含む資料が流出、一部院外で回収 - 東北医科薬科大