Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者が脆弱性「TunnelCrack」を発表 - 多くのVPNクライアントに影響

具体的に「TunnelCrack」を見ると、「LocalNet攻撃」と「ServerIP攻撃」が可能となる脆弱性で構成されている。

「LocalNet攻撃」は、拠点間を「VPN」で接続すると同時にローカルネットワークへのアクセスが行える環境を狙った攻撃手法。

多くの「VPN」では、ローカルネットワークとの通信を暗号化しないため、被害者が「Wi-Fi」や有線などで信頼性の低いローカルネットワークに接続した際、悪意あるIPアドレスとサブネットを割り当て、VPN接続先がローカルネットワークのサブネット上にあるようだますことで、トラフィックの傍受が可能になるという。

20230810_tc_002.jpg
「LocalNet攻撃」が可能となる「VPNクライアント」の状況(グラフ:研究発表から)

研究チームでは、5種類のプラットフォームで66以上の「VPNクライアント」を調査。iOSではテストしたすべての「VPNアプリ」が脆弱だった。「macOS」でも安全なアプリは1件のみで、それ以外のクライアントは脆弱性が見つかった。

「Windows」についても多くの「VPNクライアント」が脆弱であり、「Linux」では3分の1以上から脆弱性を発見。「Android」については、他のプラットフォームより比較的少なく、4分の1が「LocalNet攻撃」に対して脆弱だったとしている。

(Security NEXT - 2023/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「メッシュWi-Fi」の顧客情報が流出、ログサーバ侵害で - J:COM
複数端末やサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - 中嶋製作所
開示請求者の情報がサイト上で閲覧可能に - 都交通局
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
「Concrete CMS」に新板 - 複数脆弱性を修正
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県
個人情報含む資料を置き忘れ、一時紛失 - 鹿児島市
LINEヤフーに韓国関連会社経由でサイバー攻撃 - 個人情報約44万件が流出
都パスポートセンターの従業員が書類送検 - 個人情報記載の付箋を窃取
プレゼント応募者の名簿が公開状態に - 高知さんさんテレビ