Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 吉田町

静岡県吉田町は、同町で利用するメール送信サーバが不正アクセスを受け、防災メールのアカウントより不正なメールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同町によれば、同町で利用する庁外のメール送信サーバが不正アクセスを受け、7月18日21時半過ぎから19日4時半ごろにかけて、第三者が同町防災課のメールアカウントより1159件の迷惑メールを不正に送信したという。

7月19日8時半ごろ、登庁した職員がメールを確認したところ、送信不能を知らせるエラーメール約700件が受信ボックスに届いており、調査を行ったところ問題が判明した。翌20日にもエラーメールが届いており、あわせて842件にのぼる。

メールアカウントのパスワードを第三者によって特定され、メール送信サーバが不正アクセスを受けた。送信された迷惑メールの内容はわかっていないという。受信ボックスに対するアクセスは確認されておらず、情報漏洩については否定している。

同町では今回の問題を受けてメールアカウントのパスワードを変更。また不正アクセスを受けたサーバにおいて、接続できるIPアドレスを、同町役場を発信元とするIPアドレスに制限するなど対策を講じた。その後不正メールの送信は確認されておらず、被害の報告なども寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2023/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性