Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

加子会社でもサイバー攻撃被害、犯人による脅迫も - ヤマハ

ヤマハは、カナダの販売子会社であるYamaha Canada Music(YC)がサイバー攻撃を受け、個人情報などが流出した可能性があることを明らかにした。ランサムウェアによる被害ではなかったが、犯行グループより金銭の要求もあったという。

同社では、6月に米国子会社でランサムウェアによるサイバー攻撃の被害が判明。そのことを受け、同社グループの国内拠点15カ所、海外拠点40カ所についてセキュリティ状況を調査したところ、同時期にカナダ子会社も侵害を受けていたことが判明した。

現地時間6月21日に、加子会社のファイルサーバが外部から侵害された可能性があることを把握。同月24日に情報を窃取されていたことが判明した。流出内容については精査の段階にあるが、最大2000人分の個人情報が含まれている可能性がある。

具体的には、音楽教室の生徒や現地取引先関係者の氏名、メールアドレスなど約1800件が含まれる。また現地従業員約150人に関しては、社会保険番号、給与振込先、銀行口座番号などが流出したおそれがある。

データを暗号化する「ランサムウェア」による被害ではないが、犯行グループより現地法人の代表などに対して連絡があり、金銭の要求なども行われたという。

(Security NEXT - 2023/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正