Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiOS」の脆弱性「CVE-2023-27997」、すでに悪用済み

Fortinet製品にOSとして搭載されている「FortiOS」の「SSL VPN」機能に深刻な脆弱性が見つかった問題で、すでに悪用が確認されていることがわかった。攻撃キャンペーン「Volt Typhoon」との関連性などは見つかっていないという。

問題の脆弱性「CVE-2023-27997」は、ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性。同社では現地時間6月12日にアドバイザリをリリースし、利用者に注意喚起を行っている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度はもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。同社ではアップデートを提供するとともに、「SSL VPN」を無効化する緩和策などを示した。

同社は同脆弱性を発見した経緯として、「CVE-2022-42475」の悪用が明らかとなったことを受け、「SSL VPN」のモジュールにおけるコードの監査を進めてきたと説明。

外部関係者の情報提供などもあり、今回の「CVE-2023-27997」のほか、1月以降、「CVE-2023-29180」「CVE-2023-22640」「CVE-2023-29181」「CVE-2023-29179」「CVE-2023-22641」など「FortiOS」の「SSL VPN」機能に関する脆弱性6件へ対応してきたと説明。

これら脆弱性のうち、今回の「CVE-2023-27997」については「限られたケース」としつつも、実際に脆弱性が悪用された可能性があることが判明したことを明らかにした。

(Security NEXT - 2023/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意