Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2023年1Q、日本発のMiraiによるパケットが増加 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、2023年第1四半期に国内に設置しているセンサーで観測した攻撃パケットの状況を取りまとめた。「Mirai」から送信されたと見られるパケットの増加が見られたという。

同センターが、グローバルに設置している定点観測システム「TSUBAME」などを通じて、同四半期に観測した攻撃パケットの状況を取りまとめたもの。

同四半期にもっとも多くパケットが観測されたのは、「telnet」に用いる「TCP 23番ポート」。期間中に増減を繰り返しつつも、高い水準で推移した。次いで多かったのは、NoSQLデータベース「Redis」で使用されている「TCP 6379番ポート」宛てのパケット。期間を通じてやや増加する傾向が見られた。

3番目に多かったのは「TCP 37215番ポート」宛てのパケットで、1月18日ごろから徐々に増え、2月26日ごろからの約10日間はめだって増加した。

特に日本を送信元ととし、マルウェア「Mirai」によって発信されたものと見られるパケットが目立っている。2月19日から21日に一時的に増加。さらに2月25日ごろからふたたび増加し。2月28日には増加前の2月18日までの10日平均と比較して、約6倍まで急増した。その後は3月18日ごろにかけてゆるやかに減少したという。

またこれら送信元からは、「TCP 37215番ポート」だけでなく、「TCP 23番ポート」に対してもパケットの送信が見られたという。

(Security NEXT - 2023/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開