Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩

eコマース事業者の6割弱がサイバー攻撃による被害を経験していることがわかった。また3割強が不正注文による被害を受けているという。

かっこが、12月にEC事業者において不正注文対策に携わる担当者を対象にインターネットによるアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は530件。

59.1%は、サイバー攻撃により何らかの被害を受けた経験があると回答。被害を受けたとする回答者の54.7%において「クレジットカード情報の漏洩」が発生。「個人情報漏洩」については48.2%、「サイトダウン」は35.2%が経験している。20.1%はECサイトの改ざん被害に遭っていた。

また回答者の36.4%は、直近1年間に不正注文による被害に遭ったと答えた。回数としては「2から3回」が35.2%でもっとも多く、「4から7回」が20.7%。31回以上とした回答者も6.2%あった。被害額は「50から100万円未満」が22.8%、「10から25万円未満」と「100から300万円未満」がいずれも16.1%となっている。500万円以上との回答も8.3%あった。

今までに経験したことがある被害としては、売上を取り消す「チャージバック」が71.0%で最多。「後払いの未払い」が44.6%で続く。「悪質転売(35.2%)」「いたずら注文(34.7%)」「代引き受取拒否(26.9%)」なども3割前後の企業が経験しており、クレジットカードの番号を生成する「クレジットマスター」による被害は8.3%だった。

(Security NEXT - 2023/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市