Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で

Googleは、「Chrome 108」にゼロデイ脆弱性が明らかになったとして現地時間12月2日にセキュリティアップデートをリリースした。

Windows向けに「Chrome 108.0.5359.95」「同108.0.5359.94」、macOSおよびLinux向けに「同108.0.5359.94」をリリースし、脆弱性1件を修正したもの。

JavaScriptエンジン「V8」において型の取り違えが生じる脆弱性「CVE-2022-4262」に対処した。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。Googleの脅威分析グループが11月29日に報告したもので、すでに悪用コードが出回っていることを把握しているという。

「Chrome」に関しては、現地時間11月24日にもセキュリティアップデートをリリースし、ゼロデイ脆弱性「CVE-2022-4135」へ対処したばかり。

同月29日には、ゼロデイ脆弱性は含まれていないものの、メジャーアップデートとして「Chrome 108」をリリースして複数の脆弱性を解消するなど、ここ1週間強で3度のアップデートを立て続けに実施している。

マイクロソフトにおいても、「CVE-2022-4262」のエクスプロイトについて認識しており、Chromiumの開発チームからのレポートを踏まえ、「Microsoft Edge」のアップデートに向けて準備を進めている。

(Security NEXT - 2022/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月