Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正

Googleは、同社ブラウザの最新版「Chrome 108」をリリースした。セキュリティに関して28件の修正が行われている。

Windows向けに「Chrome 108.0.5359.72」「同108.0.5359.71」、macOSおよびLinux向けに「同108.0.5359.71」をリリースしたもの。今回のアップデートでは、機能強化にくわえてセキュリティに関する28件の修正を実施した。

CVEベースで22件の脆弱性へ対処したことを明らかにしている。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性は8件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性6件をはじめ、型の取り違え、域外メモリへの書き込みなどを修正した。

のこる14件については、さらに重要度が1段階低い「中(Medium)」とレーティングされている。同社は数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-4174
CVE-2022-4175
CVE-2022-4176
CVE-2022-4177
CVE-2022-4178
CVE-2022-4179
CVE-2022-4180
CVE-2022-4181
CVE-2022-4182
CVE-2022-4183
CVE-2022-4184
CVE-2022-4185
CVE-2022-4186
CVE-2022-4187
CVE-2022-4188
CVE-2022-4189
CVE-2022-4190
CVE-2022-4191
CVE-2022-4192
CVE-2022-4193
CVE-2022-4194
CVE-2022-4195

(Security NEXT - 2022/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業