Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市

静岡県伊東市は、同市職員が庁内グループウェアに対して不正アクセスを行ったとして懲戒処分を行った。不正アクセスから1時間ほどで偶然発覚したという。

同市によれば、アクセス権限を持たない職員が、他課のアカウント情報を用いて不正にアクセスし、メールや添付ファイルを閲覧したり、一部ファイルを自身の業務用パソコンに保存していた。

同市では課ごとにアカウントを共有していたが、同職員は他課のIDとパスワードを推測。9月14日に複数回の試行を経たところでパスワードが合致し、同日13時過ぎにログインしていたという。

同市では、監視やログの解析など頻繁に行っているわけではなかったが、同日は別の目的でアクセス状況を確認しており、14時半ごろグループウェアにおける不審なアクセスを偶然発見。ログを調査した結果、不正アクセスと判断し、同日15時半ごろ対象アカウントのパスワードを変更した。

同月16日にはファイルをダウンロードしていたことも発覚し、端末を回収した。閲覧や保存されたデータは、行政に関する文書だが、住民に関する個人情報は含まれていないという。またデータの保存先は同職員の業務用パソコンのみとしており、外部流出は否定している。

(Security NEXT - 2022/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所