Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortinet製品の悪用済み脆弱性 - PoC公開でさらにリスク上昇

「FortiGate」をはじめ、Fortinet製品のOSとして採用されている「FortiOS」など、同社複数製品に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、脆弱性の実証コードが公開された。すでに悪用が確認されているが、今後さらに攻撃が増加することも予想され、早急な対応が求められる。

問題とされる脆弱性「CVE-2022-40684」は、「FortiOS」「FortiProxy」「FortiSwitchManager」において、管理インタフェースの認証をバイパスできる脆弱性。

Fortinetでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを「9.6」、重要度を5段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社では現地時間10月10日にアドバイザリを公開し、脆弱性を解消するアップデートを提供するとともに回避策を紹介。すでに悪用が行われていることも明らかにし、脆弱性を解消するだけでなく、侵害状況についても確認するよう利用者へ呼びかけていた。

同脆弱性に関してはセキュリティベンダーのHorizon3.aiが、現地時間同月11日に対策として「REST API」におけるログの取得方法や侵害の確認方法を公開。あわせて実証コードの公開予告を行ったが、同月13日に実証コードとともに詳細な技術情報について発表した。

(Security NEXT - 2022/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大