Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiOS」などに認証回避の脆弱性、悪用も - すぐに侵害状況の確認を

Fortinet製UTMなどに搭載されているオペレーションシステム「FortiOS」をはじめ、同社複数製品に深刻な脆弱性が明らかとなった。すでに悪用が確認されており、アップデートだけでなく、侵害されていないか急いで確認するよう注意が呼びかけられている。

「FortiOS」「FortiProxy」「FortiSwitchManager」において、ウェブ管理インタフェースの認証をバイパスできる脆弱性「CVE-2022-40684」が明らかとなったもの。細工した「HTTPS」「HTTP」リクエストにより管理APIと通信し、認証なしに管理インタフェースの操作が可能になる。

対象となるバージョンは、「FortiOS 7.2.1」「同7.0.6」および以前のバージョン、「FortiProxy 7.2.0」「FortiProxy 7.0.6」および以前のバージョン「FortiSwitchManager 7.2.0」「同7.0.0」。「FortiOS 5系」「同6系」については影響を受けないとしている。

Fortinetは米時間10月10日にアドバイザリを公開。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.6」、重要度を5段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社は脆弱性に対処したアップデート「FortiOS 7.2.2」「同7.0.7」「FortiProxy 7.2.1」「同7.0.7」「FortiSwitchManager 7.2.1」を用意。回避策として、ウェブ管理インタフェースの無効化や管理インタフェースにアクセスできるIPアドレスの制限などをアナウンスした。すでに脆弱性の悪用が確認されており、同社は脆弱性の悪用による侵害の兆候がデバイスのログに残っていないか検証するよう求めている。

セキュリティベンダーのHorizon3.aiでは、10月10日の週に同脆弱性の実証コードを公表すると予告。同脆弱性の判明を受けてJPCERTコーディネーションセンターも注意喚起を行っている。

記事更新のお知らせ:対象バージョンを追記しました。また「ウェブ管理画面」としていた表現について、「ウェブ管理インタフェース」と表現を改めました。

 

(Security NEXT - 2022/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市