Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い

警察庁では被害の背景に「ID」や「パスワード」「ワンタイムパスワード」などを詐取するフィッシング攻撃があると見ており、金融機関を装うフィッシングメールも多数確認しているという。

一方金融庁では、おもな手口として、SMSを用いたフィッシング、いわゆるスミッシングを挙げた。

同庁では、メッセージに記載されたURLにはアクセスせず、事前にブックマークした金融機関のサイトへアクセスするよう注意を喚起。SMSへ注意を払うだけでなく、二要素認証やセキュリティ対策ソフト、フィルタリングの活用など基本的なセキュリティ対策をあらためて呼びかけた。

あわせてこまめに残高や入出金明細を確認し、身に覚えのない取引を確認した場合は金融機関へ問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2022/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県