Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ServiceNow」に複数のXSS脆弱性 - アップデートで修正

業務フロー管理システムの「ServiceNow」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

「Performance Analyticsダッシュボード」に格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-38172」が判明。またログアウト機能には、反射型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-38463」が明らかとなった。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはともに「6.1」と評価されている。

「CVE-2022-38172」は、「San Diego Patch 5」「Rome Patch 10」「Quebec Patch 10 HotFix 6b」にて修正された。「CVE-2022-38463」は「San Diego Patch 6」「San Diego Patch 4b」「Rome Patch 10a」「同Patch 9b」「Quebec Patch 10 HotFix 7b」にて修正済みとしており、利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定