Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Palo Alto製品の既知脆弱性、悪用に要警戒 - パッチ適用状況の確認を

Palo Alto Networks製品において、過去に判明した脆弱性「CVE-2017-15944」に対するサイバー攻撃のリスクが高まっている。

同脆弱性は、同社製品が搭載する「PAN-OS」の管理画面に明らかとなった脆弱性。「PAN-OS 7.1.13」「同7.0.18」「同6.1.18」および以前のバージョンでは、認証なしにリモートよりコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」。「同8.0.5」にも脆弱性は存在するが、悪用には「認証」が必要だという。

同脆弱性は2017年12月に公表され、当時より容易に悪用できるとの指摘を受けていた。同社は脆弱性を修正した「同8.0.6」「同7.1.14」「同7.0.19」「同6.1.19」を提供している。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、8月18日に同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加。米連邦政府や行政機関に対して期限付きで対処するよう求めた。

ここ数年、セキュリティゲートウェイ製品において修正されずに放置されたままの脆弱性は、サイバー攻撃における格好の標的となっている。外部より侵入する経路となり、ランサムウェアなど大きな被害に発展するケースもあり、利用者は警戒が必要だ。

(Security NEXT - 2022/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性