Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD

H.I.S.ホテルホールディングスは、同社が運営する石川県内のホテルがサイバー攻撃を受け、マルウェアの感染によりデータが消去されたことを明らかにした。ランサムウェアによる被害と見られている。

同社によれば、「変なホテル金沢香林坊」で利用している無人チェックインシステムの管理端末において、7月14日深夜にデータを消去される被害が発生したもの。

システムの提供会社に確認したところ、端末にサイバー攻撃を受けた痕跡があり、マルウェアに感染したとする報告を翌15日に受けたという。

端末内部には、2019年12月24日以降に顧客が同店へチェックインした際に入力した最大3万4425人分の宿泊名簿が保存されていた。氏名、住所、電話番号、年齢、国籍、メールアドレス、職業、会社名、パスポート番号、同室者の氏名、署名データ、パスポートスキャンデータなど含まれる。

同社では問題の端末をネットワークから遮断。感染経路や情報流出の可能性について外部専門家をまじえて調査を行ったところ、攻撃を受けた痕跡やシステムプロテクトの無効化などが行われていたことがわかった。

(Security NEXT - 2022/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能