Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラムに関して、対象となった脆弱性の件数を上方修正した。

同社は各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたる8月9日に8月の月例セキュリティ更新をリリースし、121件の脆弱性に対応したとしていたが、現地時間8月15日に対象件数を上方修正した。

具体的には、「Windows Defender Credential Guard」において「SYSTEM権限」を取得されるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2022-34711」や、セキュリティ機能をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2022-35822」についても月例パッチで修正済みであることを明らかにした。

重要度は、いずれも4段階中2番目にあたる「重要(Important)」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはそれぞれ「7.8」「7.1」と評価している。脆弱性の悪用や公開はともに確認されていない。情報の提供が抜け落ちていたもので、パッチが適用済みであれば追加の対応などは必要ないとしている。

(Security NEXT - 2022/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性