Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正

マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、121件の脆弱性に対応した。別名「Dogwalk」としても知られるゼロデイ脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「Active Directory Domain Services」「.NET Core」「Azure」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで121件の脆弱性に対応しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が17件。のこる104件については次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

脆弱性によって影響は異なるが、31件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。また権限昇格の脆弱性64件や情報漏洩の脆弱性12件のほか、サービス拒否の脆弱性7件、セキュリティ機能のバイパス6件、なりすましの脆弱性1件に対応した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、69件が「7.0」以上とレーティングされており、「9.0」以上の脆弱性は3件だった。

具体的には、PPPプロトコル処理に明らかとなった「CVE-2022-30133」「CVE-2022-35744」や、ネットワークファイルシステム「NFSv4.1」の処理に存在する「CVE-2022-34715」で、いずれも「9.8」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に