Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化

クレジットカード決済サービスを提供するメタップスペイメントに対して不正アクセスがあり、情報流出が発生した問題で、個人情報保護委員会は、同社に対して個人情報保護法にもとづき指導を行った。

同社において、クレジットカードをはじめ、複数の決済サービスを提供しているが複数のデータベースが不正アクセスを受け、情報流出が発生したもの

同社に対しては、経済産業省が割賦販売法に基づき、6月30日に改善命令を出しているが、個情委においても、個人データが適切に取り扱われていなかったとして、7月13日付けで個人情報保護法にもとづく行政指導を行った。

個情委では、指導に至った理由として、同社における個人データの管理体制における不備を挙げた。

同社では情報セキュリティ基本規定で、個人データを含む情報資産について棚卸しを行うことを定めていたが、情報資産管理台帳を整備していなかった。そのため、適切な棚卸しが行われておらず、情報資産を扱うシステムさえ把握できていなかったという。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ