Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で

メタップスペイメントは、決済データを保存するデータセンターが不正アクセスを受け、データベース内の情報が流出した問題で調査結果を取りまとめた。同サービスは数千サイトが導入しており、影響が広がっている。

2021年8月2日に不正ログインによる初期侵入があり、2022年1月25日にかけて不正アクセスを受けたもの。

攻撃者が何らかの方法で同一サーバ内にある社内管理システムなど複数のアプリケーションに対して不正にログインし、SQLインジェクションの脆弱性に対して攻撃が行われた。

くわえてバックドアとなる不正なプログラムも設置され、複数のデータベースより情報を窃取されたという。

もっとも被害が大きかったのが、加盟店のeコマースサイト向けに提供しているトークン方式のクレジットカード決済サービスで利用しているデータベースに対する不正アクセスだった。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
ファッション通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用か