Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働

6月にフィッシング対策協議会へ報告されたフィッシングサイトのURL件数が、前月の約1.5倍へと急増し、過去最多記録を更新した。同一IPアドレス上に多数設置されていたという。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は8万8250件。前月から118件増加し、4月の9万2094件に次いで過去2番目に多い件数となった。1日あたりの報告数は約2941.7件。前月の約2843.0件から98.7件増加している。

重複を除いた誘導先となるフィッシングサイトのURLは、前月比1.7倍となり過去最多となった前月からさらに8626件増加して2万7217件。はじめて2万件の大台を突破するとともに、もうひと息で3万件に手がとどく状況となった。

1日あたりに換算すると約907.2件。悪用されたトップレベルドメインを見ると、「.cn」が約43.2%で最多。「.ci(28.3%)」「.com(約6.6%)」「.top(約5.4%)」「.pw(約3.9%)」が続く。

大量のドメインとサブドメインでURLを生成し、文面を使い回しつつ、ブランド名を変えたフィッシングメールで誘導する手口が横行。URL件数の約68.7%以上にのぼるという。同協議会で稼働を確認したURL数に対して、ユニークなIPアドレスの割合は約7.9%ほどに過ぎず、同一IPアドレス上で異なるURLが多数稼働していた。

20220706_ap_001.jpg
フィッシング報告やURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge 111.0.1661.54」がリリースに - 独自に脆弱性2件を修正
芸術学科公演会の案内メールで誤送信 - 近畿大
組合員や取引先の電話番号含む携帯電話を紛失 - JA遠州夢咲
「サイバー攻撃演習訓練実施マニュアル」を公開 - 日本シーサート協議会
国と都の開業支援施設、マルウェア感染確認されず
福岡県暴力追放運動推進センターがサポート詐欺被害 - 情報流出のおそれも
米政府、重要インフラ向けの「CPGs」をアップデート
ランサム被害が前年比約1.5倍 - バックアップ取得も復元に難あり
米政府、「AzureAD」や「MS365」環境向けのインシデント調査ツールを公開
「JavaScript」のランタイム環境「Deno」に脆弱性