Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中

QNAPは、NAS製品がすでに侵害されている場合は、脅迫状のスクリーンショットを撮影して「Bitcoin」のアドレスを保存した上で、ファームウェアの最新版に更新するよう求めた。

更新後はファームウェアに含まれるマルウェアを除去するアプリケーションによって、ログインページを乗っ取る脅迫状が自動的に隔離されるという。

受け取った復号キーを入力したいが、ファームウェアを更新後に脅迫状が見つからない場合は、同社サポートに連絡するよう求めている、

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
小規模事業者持続化補助金の事務局がランサム被害
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 愛知陸運