Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%

主要上場企業の約半数が、送信ドメイン認証技術「DMARC」を導入しているとの調査結果をTwoFiveが取りまとめた。ドメインのカバー率は12.1%にとどまっている。

同社が日経平均株価の採用銘柄となっている225社が運用するドメイン5390件におけるDNSレコードの設定状況を調査し、「DMARC」の導入状況を取りまとめたもの。

2月の調査で35.1%にあたる79社が「DMARC」を導入していたが、3カ月後に実施した5月の調査では112社(49.8%)が設定していた。

セクターごとの導入率を見ると、「技術」が74.1%でもっとも高く、「消費」が61.8%、「金融」が52.4%と続く。

ドメインに占める割合を見ると、5390ドメインのうち656ドメインで、2月の調査から190ドメイン増となったものの12.1%にとどまる。メールで利用するドメインで優先的に対応が進められているという。

(Security NEXT - 2022/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」