Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%

主要上場企業の約半数が、送信ドメイン認証技術「DMARC」を導入しているとの調査結果をTwoFiveが取りまとめた。ドメインのカバー率は12.1%にとどまっている。

同社が日経平均株価の採用銘柄となっている225社が運用するドメイン5390件におけるDNSレコードの設定状況を調査し、「DMARC」の導入状況を取りまとめたもの。

2月の調査で35.1%にあたる79社が「DMARC」を導入していたが、3カ月後に実施した5月の調査では112社(49.8%)が設定していた。

セクターごとの導入率を見ると、「技術」が74.1%でもっとも高く、「消費」が61.8%、「金融」が52.4%と続く。

ドメインに占める割合を見ると、5390ドメインのうち656ドメインで、2月の調査から190ドメイン増となったものの12.1%にとどまる。メールで利用するドメインで優先的に対応が進められているという。

(Security NEXT - 2022/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
JPAAWG、GoogleやYahooの「大量メール送信規制」で緊急イベント
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
7割弱の主要上場企業がDMARC導入 - ドメインベースでは26%
フィッシングの報告が増加、悪用されたURLは大幅減
フィッシング報告、前月比約15%減 - 4カ月ぶりに10万件下回る