Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県

山口県は、国からの委託で実施する国民生活基礎調査の調査員が、個人情報含む世帯名簿をコピーした際、原本をコピー機に置き忘れたことを公表した。

同県によれば、5月6日に調査員が防府市内の商業施設で単位区別世帯名簿をコピーした際、名簿原本をコピー機に置き忘れたもの。名簿には23世帯分の世帯主氏名、世帯人員、集合住宅の名称が記載されていた。

同日店舗で名簿が発見され、事務所で保管。同月11日、店舗が拾得物として警察へ届けたことから警察が山口健康福祉センターへ連絡。センター職員と調査員が警察を訪問し、名簿を回収した。

同県では、名簿に記載されていた世帯に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県