Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増

ランサムウェアを用いた攻撃の身代金要求額が上昇している。いわゆる「多重脅迫」で実名を公表するケースも増えており、身代金平均支払額も増加しているという。

パロアルトネットワークスの調査によれば、二重脅迫を行うグループは、2020年に25の攻撃グループが発見されたのに対し、2021年はあらたに35グループが確認されている。

サービスとしてランサムウェアを提供するいわゆる「RaaS」を展開するグループは、少なくとも56グループが活動しており、攻撃の敷居を下げ、被害を拡大させる原因となっているという。

ダークウェブなどのいわゆる「リークサイト」に窃取されたと見られるデータが掲載された組織は、前年比85%増となる2566にのぼった。

地域を見ると、「北南米」が60%を占めており、「ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)」が31%、「アジア太平洋(APAC)地域」は9%だった。業種では「専門、法務サービス業」がもっとも多く、「建設業」「卸、小売業」「ヘルスケア業」「製造業」と続く。

このうち日本国内の組織は34で、「Lockbit 2.0」による掲載がもっとも多かった。業種としては「資本財」が7組織ともっとも多く、「テクノロジー、ハードウェア機器」4組織、「自動車、部品」が3組織だった。

(Security NEXT - 2022/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
ランサム被害のデータ復旧でトラブル多発 - 業界5団体がチェックシート
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート